生前整理

  「終活」という言葉が象徴するように、今後やってくる”その時”に備え健康な内に、あるいは家族に”その時”に迷惑をかけたくないなどの理由で、身の回りの整理を始めたり、断捨離をして老人ホームへの入居をされる高齢者の方が増えています。その際の“上手に遺す方法”とは何か、とはとても難しい問題です。また、肉体的に時間的に、ご自身での「生前整理」が困難な方のお手伝いをするもの私たちオービット自信のサービスです。ご自分では運べない不要になった大きな家具・重い家電などを処分いたします。もちろん買取もいたします。


生前整理の後の問題

私たちオービットは、「生前整理」をご希望のお客様の場合、お客様が”これから先どのようにすごされたいのか?”を伺い、様々なご提案をさせていただいています。”今”そして”今後”に備えて解決しておきたい問題にもご対応いたします
―庭の手入れ、草刈り、植木の剪定をしてほしい
―骨董品・美術品を買い取ってもらいたい
―使わない家電や家具を買い取ってもらいたい
―いい介護施設・高齢者施設を探してほしい
―施設に入るので、必要なものを運びたい
―遺言書を作成しておきたい
―相続税対策をしたい
―家を売却したい

「生前整理」と一緒に解決することもできますし、何年かのち、あるいは必要な時に改めてご依頼いただいても構いません。



  確かなことは、「遺す側」「遺される側」の双方にとって最良の生前整理とは、やはり日ごろからのお互いのコミュニケーションがとても大切だということです。万一の時に家族が困らないように「エンディングノート」を活用して、ご自分の意思を残しておくのも良いでしょう。
故人に対する思いは、その晩年の過ごし方や言動が強く影響を与えます。”遺す側”が、”その時”を迎えるにあたっての真摯な姿を見せることが大切です。合わせて、断捨離をして身辺整理をしておくことや、健全な判断ができるうちに“遺される側”である家族に、自身の思いを伝えたり、エンディングノートに書き記しておくことは、とても大事なことだと思います。
そんなお客様の思いを大切にしながらサポート、お手伝いさせていただきます。