2019年はどんな年?(風水)

先日、新元号の「令和」が発表されました。「平成」も終わり、時代の移ろいを感じると共に、自分の年齢を意識させられます。(残りの人生、いいことがありますように・・・と願いを込めて)
また、弊社オービットも開業2年目です。「さらなる飛躍を求めて頑張りたい」と思っています。

2019年(厳密には旧正月の2019年2月4日~2020年2月3日の1年)は、どんな年か調べてみました。

まずは、四柱推命から。十干十二支は、「乙亥」です。
乙・・・読み「き つちのき」 繁茂した木々が成就し、実を結んだ興起の状態
亥・・・草木の種核が土の中で包み込まれ、やがて春が訪れるのを待っている状態

以上のことから、今まで準備してきたことが実を結び、良い結果を生み出し始める年といった感じでしょうか。

次に、九星気学を調べてみました。下記が、今年の年盤です。

下が北です

「叡智とチャンス」を与えてくれる歳徳神(としとくじん)がいる方角は「東北東(甲)」になります。これがいわゆる恵方です。

ちなみに、鬼門は常に「北東」(艮 ごん の方向です)です。これは、陰陽・八卦の思想からきています。「恵方」は年ごとに代わりますが、甲の方向(こう ≒東北東微東)、丙の方角(へい ≒南南東微南)、庚の方角(こう ≒西南西微西)、壬の方角(じん ≒北北西微北)の4つしかありません。

そして、今年の定位盤は、八白土星が中宮に入っていますので、様々な「変化」が起こり得る1年となるでしょう。具体的には、自然災害や外交問題による人々の意識や環境の変化が起こるのではと予想されます。

さらに、個々の本命星ごとの吉方位を見ていきましょう。「自分の九星を知る①」を参考に各自の本命星を調べておいてください。

その前に、定位盤にある赤字の語句について説明します。

五黄殺(ごおうさつ)
― 年盤や月盤で五黄土星が運行している方位。移転・引越しには注意!
暗剣殺(あんけんさつ)
― 五黄殺方位の反対側の方位。五黄殺と共に2大凶方位。
歳破(さいは)
― その年の干支の反対側方位。
逆に、干支の方位(今年は「戌」なので北西)強いエネルギーが入るので、【大歳】という吉方位になります。

上記①②③の方位はすべてに共通の凶方位となります。従って、だれにとっても良くない方位は、南西、北東、南東になります。

そして自分の九星の運行する方位とその反対方位が凶方位となります

本命殺(ほんめいさつ) ― 自分の本命星が運行している方位
本命的殺(ほんめいてきさつ) ― 自分の本命星が運行している反対方位

各方位のうち、①~⑤の凶方位を除外した方位が、それぞれの本命星の吉方位となります。

分かり易く表にすると以下になります。

吉方位は、月単位で表示しています

ここまでは、すでに決まっている「運命」を元にしている「命術」である「四柱推命」や「九星気学」の話です。

最後に風水の話です。 悪いことは最小限の被害に食い止め、良いことは最大限に享受するために、後天的に運命を改善していくための「相術」である風水を取り入れて、運気をよりアップさせるにはどうするかです。

個々人の詳しい運気アップの方法は、専門家に相談して頂くとして、一般的なこととしては、自分の部屋の凶方位にあたる場所を奇麗にしておく、吉方向にラッキーカラーアイテムを置くなどがあります。

ちなみに、高名な風水師によれば、今年のラッキーカラーは以下の三色です。

 健康と仕事・行動力を向上

 人間関係・財産・チャレンジ精神の向上

ゴールド 金運・人気・才能の向上

科学的根拠はありません。信じるか否かも皆さんの自由です。でも、「最近ついていないな」と感じている方、又は「自分の九星を知る②」でお伝えした「戌亥天中殺」に該当している方は参考にして運勢を変えてみてください。

それと、すぐに部屋が汚れてしまう方、散らかってしまう方の掃除に対するモチベーションとして利用してみてください。

ちなみに、私は吉方位がない「六白金星」です。(悲し・・・) とりあえず、凶方位にあたるお風呂場を奇麗に掃除して運気アップを目指します。

Follow me!